ホンダの車と特徴

ホンダの車はかっこよく個性的、なおかつ安全性ばっちり

ホンダは二輪車でも有名ですが、ホンダの車が大好きという方も多く、個性的でカッコいい、先進的な車を作り出しています。

デザインについても技術についても、高いテクノロジーを持っているホンダが作る車は、美しく、魅力ある車が多いです。

例えばデザインや技術に関しても強いこだわりを持っていますし、安全性へのこだわりも強いです。
Honda SENSINGという安全運転支援システム等、安全性が評価され、JNCAP最高ランクを獲得しています。

Hondaの車、安全への取り組み

衝突などの交通事故はもちろん、様々な視点から安全という事に拘りを尽くしています。Hondaの車は続々とJNCAPの最高ランクを獲得しており、乗る人、歩行者が安全でいられるように、日々、研究してきた結果がここにしっかり実を結んでいます。

JNCAPというのは、自動車アセスメント、Japan New Car Assessment Programというもので、国道交通省と独立行政法人自動車事故対策機構が、安全な自動車を普及を促進するという目的をもって、1955年から発表しているものです。
車の安全情報で、Hondaの車先進安全車、さらにファイブスターを獲得しています。

Honda SENSINGとは何か

Hondaの車に搭載されているSENSING、安全性能を高めるこのシステムはどういったシステムなのか、ちょっと理解しておきましょう。

Honda SENSINGにはいくつかの先進機能があります。
前方を走る車、対向車、歩行者との衝突を回避するための支援システムとして、衝突軽減ブレーキとして開発されたのが「CMBS」です。
ミリ波レーダーと単眼カメラで前走車、対向車、歩行者を検知します。

衝突の恐れがアルバ場合、表示、音などで注意喚起し、それでも接近した場合、軽くブレーキをかけて運転者に知らせます。
それでも接近という事になると強くブレーキが作動します。

対向車線にはみ出すという時、対向車に衝突する事が予測される場合、音、表示と共にステアリング振動で警告、回避操作を行います。
接近した場合にはブレーキが作動し、衝突回避、被害軽減を図るのです。

一部車種になりますが、リアクティブフォースペダルによる振動が足にも刺激を施し、警告します。
ブレーキと連動しシートベルトの強い引き込みで衝突を回避、被害を軽減するE-プリテンショナーというシステムも装備しています。

誰もが注意しながら車を運転されていますが、絶対に事故を起こさないという事はありません。
万が一の際に、車側がしっかりと危険を察知し、安全サポートしてくれるという事は非常に心強い事です。
但し、いくらブレーキを緊急でかけてくれるといっても、隙のない運転を心がけることが大切です。
最新の安全システムがあるHondaの車に乗る場合にも、事故を起こさないのは自分の安全運転!と心がけて運転するようにしましょう。