マツダの車と特徴

マツダの車のデザイン

マツダはクルマに命を与えるというコンセプトでデザインを行っています。
クルマはものではない、ただの鉄の固まりではない、命あるものなんだという気持ちをもってデザインしているのです。
ドライバーと車は愛馬と人、心を通わせることが出来るように造形についても最高のものを求めるのがマツダの魂動デザインです。

クルマがものではなく、命があるように感じる、そういうデザインを作っていきたいというマツダの思い、確かにマツダのクルマを見ていると、美しく魅力的で命を感じるデザインです。

これにプラスして、人とクルマが常につながっているという状態を作るため、ドライビングポジションに拘りを持っているのもマツダです。

ドライビングポジションへのこだわり

人とクルマが常につながりあっているという状態を作るためには、ドライビングポジションが関わってきます。
安心、安全にクルマを動かすことができる、その為にクルマの構造はどのようにあるべきなのか、マツダはすべてのクルマにこの思想を活かし、運転しやすく快適なドライビングポジションの研究を行っています。

何よりも安全であること、という事を基本に最高の操作性を実現するマツダのクルマには、ドライビングポジションにも安全性を深く考慮しています。
走行安全性を最優先にしているマツダは、安全を確保してこそ、快適性や利便性を高めることができると考えています。
ヒューマン・マシン・インターフェイスという考え方です。

ヒューマン・マシン・インターフェイスの3つのポイント

視線を動かすことがなくても、自然と手で操作できるように迷いを無くす設計となっています。
直感的に自然に操作できる、無駄のない設計となっているため、ドライビングポジションを変えることなく自然と安全運転ができます。

私達が車で走行している時、車の情報はメーター、ディスプレイなどから得ます。
その情報を見るために、視線を道路からディスプレイにずらすことになりますが、この時間を最小限にしないと安全性が保てません。
マツダのクルマのメーター、ディスプレイは脇見を回避するために、絶妙な位置に配置されています。

スイッチなどを操作するために体を動かす、不自然な体制にならないとスイッチを押せないという事では、安全に走行できません。
操作しなければならない部分が適切な位置にある事で、安全走行ができるのです。

様々な情報を分析し、運転している時に安全を確保しながら操作できる状態になっている、これがマツダのクルマの特徴でもあります。
もしもの時にも、余裕をもって危険回避行動、操作ができるように設計されているため、運転しやすく、危険も最小限にしてくれるという特徴はドライバーにとって本当にありがたいものです。