スバルの車と特徴

スバルの車作り

スバルは人を中心としたクルマづくりを、誕生以来ずっと続けてきました。
根底にはスバルのルーツ、航空機作りがあります。
人を中心に、安全性を最優先に、その中で合理的で独創的な発想によって革新を生むという車作りを徹底しています。
車に乗るすべての人たちが安心、安全に楽しいドライブができるように、そんな願いを込めて車作りをしているのです。

原点は航空機メーカーだったという所にあります。
航空機では操作ミス、判断ミスによって大事故につながり、最悪の場合大勢の命を一瞬にして亡くしてしまう危険性があります。

操作する人がその状況を常に把握でき、的確な操作ができるように、人を中心として車作り、設計が必要となります。
もちろん安全性を考えた上で、性能、無駄のない美しいパッケージングなど、スバルのこだわりは多岐にわたります。

感覚と命、暮らしを大切にするというスバルの車作りから生まれた最高の車たちは魅力的です。
今回はスバルの車について話題になっているアイサイトという機能を紹介します。

アイサイトとは何か

アイサイトというのは、ステレオカメラによって5つの機能を備えているスバル独自の運転支援システムです。
Ver.3では基本性能の向上に加えて新機能があり、運転領域のサポートが広がりました。

人の目とお内情に前方の対象を認識、万が一に備えた運転支援システムによって危険回避ができる車として、アイサイト搭載車はすでに35万台を突破するというほどの売れ行きを誇っています。

ぶつからない技術、プリクラッシュブレーキは、衝突の危険を感じると、ドライバーに注意喚起します。
回避できない場合、ブレーキ制御を行い自動的に減速若しくは停止します。
停止したのち、停止を維持する事で安全を確保、ブレーキによって回避操作があった場合には、プリクラッシュブレーキアシストを差動、強い制動力を発生します。

ステレオカメラはアイサイトの認識能力を支えている機能です。
左右2つの目、つまり人の目のように立体的にその場の環境を捉えます。
車、歩行者、自転車なども識別する事が駅、対象との距離、形、移動速度までも認識し安全回避行動ができるようになっているのです。

他のメーカーさんの車にも、ミリ波レーダーやカメラ等などが採用されていますが、すべての制御をステレオカメラ単体のみで実現しているのはスバルのアイサイトだけなんです。

高齢者に多い誤発進を予防する

ニュースでも多々見かけるようになってしまった誤発進、これを防ぐための機能も備わっています。
前方に壁や生け垣などの障害物が検知されると、誤発進したと認識し、警報音、警告表示などで注意喚起します。
この時同時にエンジン術力を抑制し、発信を緩やかにしてくれます。

Ver.3においては、発進にプラスして後進への対応も実現しています。
Rレンジ状態でアクセルを急に踏み込むとそれを検知し、誤発進の時と同じように制御してくれるのです。

高齢者に多い誤発進による大きな事故を防いでくれる画期的な安全システムです。