1464b3a3aa4a9416793f4c1464ddb936_s

ブレーキの専門用語

ブレーキパッドは種類がある

ブレーキには非常にたくさんの種類があり、専門用語の数が多いため、分かりやすく解説しましょう。
ブレーキシューとはドラムブレーキを構成するパーツであり、半円形をしています。
このブレーキシューをドラムに押し当てることによって、ブレーキをかけます。

このブレーキシューを用いて摩擦によりブレーキをかけるシステムを採用しているのがドラムブレーキの大きな特徴となっています。
熱がこもりやすく、ペーパーロック現象やフェード現象が起きやすいとされており、最近はディスクブレーキを搭載している車が増えています。
フェード現象とはブレーキの制動力が低下してしまう現象のことであり危険な状態となります。

ディスクブレーキとは今では最も一般的となっているブレーキのことであり、ブレーキキャリパーに取り付けられているブレーキパッドをブレーキローターに挟み込むことによってブレーキをかけます。
一般的な乗用車だけではなくて、大型車でもディスクブレーキを採用するケースが増えています。
ブレーキパッドは消耗品のため、きちんと点検して必要であれば取り替える必要があります。

その他の用語

フットブレーキとは足で操作してブレーキをかけることであり、最も一般的なブレーキといえるでしょう。
油圧を利用しているため、ブレーキペダルを踏むときの力が小さかったとしても、問題なく車を止めることができます。
乗用車は基本的にすべて油圧式を採用しており、これによって左右輪に均等に制動力を加えることができて事故を防ぎます。

パーキングブレーキとはサイドブレーキと呼ばれることもあり、補助的な役割を果たします。
主に車を停車させる際に車両を固定するために使われることが多いです。
パーキングブレーキにはレバーで操作をするタイプと足踏み式とがあります。

かつてはレバー式が主流でありハンドブレーキと呼ばれていたことが多かったです。
しかし、今では足踏み式の車が増えてきているため、パーキングブレーキという表記が一般化しています。

ブレーキ装置を使用して減速するのではなくて、エンジンの回転抵抗によってブレーキをかけることをエンジンブレーキといいます。
特に下り坂で用いられることが多く、長い下り坂でもしフットブレーキを使ってしまうと、ヴェイパーロック現象やフェード現象によりブレーキが利きにくくなり、危険な状態になりやすいです。
効果的にエンジンブレーキを使うことによって安全に運転できます。