駆動方式の専門用語

代表的なものを紹介

車にはさまざまな駆動方式が存在しているため、その中から代表的なものを紹介しましょう。
まずRRというのは、リヤエンジンリヤドライブのことであり、後部にエンジンがあり、駆動輪も後輪にある車のことです。
たとえばドイツのポルシェはリヤエンジンリヤドライブとなっているのが有名です。

駆動輪に荷重により大きな荷重がかかるようになっており、これによって発進したときのトラクションが優れている点が特徴となっています。
ブレーキをかけたときにもバランスよく4輪に荷重がかかるようになっていて非常に安定しています。
ポルシェはブレーキ性能が良いことがとても評価されているのですが、その理由の一つはRRだからなのです。

ただし、高速走行をしたときの安定性はあまり良くなく、車体前部が軽くなっているため、離対気流による影響を受けやすいというデメリットがあります。
現在では基本的にポルシェをはじめとした一部の車にしか採用されていない駆動方式です。

ミッドシップと呼ばれている駆動方式があり、これはエンジンが中心部に置かれており、後輪駆動の車のことです。
これによってコーナリング性能が向上するというメリットがあります。
ミッドシップというのは船体中心という意味であり、エンジンが中心にあることを表しています。

重心が中央寄りになるため、操作性が向上するという利点があり、レーシングカーにおいては標準的なエンジンの搭載方法です。
ただし、一般の乗用車においてはミッドシップを採用するメリットは少ないとされています。
車の駆動方式についてはこちらのサイトでも解説されているため、参考にしてください。
>>駆動方式の違いとそれぞれのメリット【シャシ基礎編】

その他の駆動方式について

FFとはフロントエンジンフロントドライブの略であり、前輪駆動となっています。
車の前部にエンジンが置かれており、さらに前輪駆動によって走行するのが特徴的です。
前輪によって駆動させて、さらに操舵をすることになるため、スムーズな運転ができます。

荷重が主に前輪にかかるようになるため、直進しているときの安定性に優れています。
悪天候のときであっても、安定した走行ができる点は大きなメリットです。
トラクションについてはRRの次に得やすくなっています。

FRはフロントエンジンリヤドライブの略称であり、前部にエンジンがあり、後輪駆動をする車のことです。
スポーツタイプの車やあるいは高級車においてFRが採用されることが多いです。
ただし、近年はFRを採用する車は減少傾向にあります。

FRは前輪で操舵をして、後輪は駆動に徹することができるため、それぞれに役割分担が可能です。
そのためタイヤ性能については余裕が生まれるため、高い出力のエンジンを積むことができるというメリットがあります。