カーディーラー

それぞれのメーカーに特化している

カーディーラーとは新車や中古車を販売する店舗のことであり、そこで働いている人達のことでもあります。
そのため、主な仕事はお客さんへの接客であり、希望を聞き出して適切な車を提案します。
メーカーと特約店として契約をしている販売業者のことをカーディーラーと呼ぶことが多いです。

また、単に自動車を販売するだけではなくて、点検整備をはじめとした各種サービスを揃えている場合もあります。
日本ではメーカーごとにカーディーラーの店舗が存在しており、全国各地にあります。
基本的に日本には複数メーカーの新車をすべて揃えているような販売店はありません。

したがって、基本的にはそれぞれのメーカーに特化した営業活動を行うことになります。
トヨタや日産、ホンダ、三菱といった有名な自動車メーカーの販売店は各地域に存在します。
日本国外のメーカーが日本で法人を設立して、販売店を展開しているケースもあります。

車を扱う仕事の中でもカーディーラーというのは完全に営業に特化している仕事となります。
そのため、実際に自分自身でメンテナンスをしたり、新しいデザインを提案するようなことはありません。

最も求められている能力はお客さんから好みや要望などを聞き出すためのコミュニケーション能力です。
お客さんを不快な気持ちにさせずに適切な提案をすることが必要となるのです。
また、担当地域にある個人宅を訪問したり、企業を回って、営業活動をすることもあります。

カーディーラーの仕事

カーディーラーの仕事は車を扱う仕事の中では比較的給与に恵まれているのが特徴的です。
ノルマが厳しく設定されているのが特徴であり、車をたくさん売れる人は高く評価されるのですが、なかなかノルマを達成できないと厳しく責任を問われることになるでしょう。
実力主義の世界であり、給与に関しては歩合給となっているケースが多く、たくさん車を売ることができればかなりの高給与を目指せるでしょう。

カーディーラーの良さとしては、いろいろな人と関わることができる点です。
基本的に営業のみの仕事であり、時間的に自由度の高いのが特徴となっています。
ずっと同じ場所に拘束されるわけではなくて、比較的自由に働ける職場が多いです。

そのメーカーの自動車が好きな方にとっては、常に最新トレンドに触れることができるため、とても楽しめるでしょう。
外回りばかりしているケースもあれば、ずっと販売店の中にいて仕事をしているケースもあります。
離職率が高く、他の会社の販売店に移るようなケースも珍しくありません。
学歴に左右されず、とにかく仕事ができる人であれば、年収が1000万円を超えるようなこともあります。