プロドライバーとは?必要な技術や心得について

プロドライバーとは?

プロのドライバーとは、文字通り自動車を運転するプロのことであり、さまざまなタイプの仕事が存在しています。サーキットに出場してタイムを競うレーシングドライバーや、運送会社に所属してトラックを運転するドライバー、タクシーやバスの運転手などです。これらの運転をする際には、各車両の免許を持っていることが最低条件となります。例えば、レーシングドライバーになるのであれば、「レーサーライセンス」を取得する必要があるのです。

プロドライバーとして必要なものは、運転技術、運転マナー、顧客に対する対応能力などで、学歴自体はあまり関係ない仕事といえます。そのため高校を卒業後に、経験とスキルを積んでプロドライバーになる人も少なくないのです。

プロドライバーは運転する車両によって必要な技術が変わる

プロドライバーとひとくちにいっても、運転する車両によって必要とされる技術はかなり異なります。トラックを運転できるからといって、バスを満足に運転できるとは限らないでしょう。レーシングドライバーだからといって、タクシー運転手として質の高いサービスをできるとは限りません。したがって、プロドライバーを目指すのであれば、まずは具体的な車両決めるべきです。

現在はそれぞれの車両を運転する技術を持っていることを証明するためのプロドライバー検定というものがあります。この検定に合格することによって、自分の実力を客観的に証明することができるため、多くの方が受験しています。運転技術に優れているだけではなくて、自分の運転する車両についての適切な知識も大切でしょう。

プロドライバーの心得

プロドライバーとして、どの車両に乗っているドライバーであっても共通の心得があります。

  1. 交通ルールを守ること
  2. 譲り合いの精神を大切にすること
  3. 運転者としての責任感を持つこと
  4. 自分の運転技術を過信しないこと
  5. 運転する際は心と体が共に良好であること
  6. 「~かもしれない運転」をすること
  7. 人の命の尊さを常に忘れないこと

上記にあるプロドライバーの心得は、免許を取得する際にも教えてもらう基本的なものです。しかし、人は「慣れ」てくると、最初の頃の気持ちが失われていってしまいます。

一番当たり前で最も大事なことだからこそ、プロドライバー・初心者関わらず常に心得ている必要があるものなのです。

プロドライバーの仕事内容とやりがい

タクシーやトラック、バスの運転手の場合は基本的に一日中車に乗り続けることになります。

そのため職業病といえるような病気にかかってしまうことがあるため、十分気をつけるべきです。また、特に大きな車両を運転するときには、ちょっとしたミスが大事故につながる可能性があります。

年収についてはかなり幅があるのですが、基本的には400万円前後だと考えれば良いでしょう。そのため、普通に生活していく限りにおいては収入に関して困ってしまうことはありません。中には高給与を得ている方もいるため、プロドライバーとして仕事を探すときには、待遇には気をつけるべきです。トラックの運転手については現在人材がかなり不足しているため、なりたい方はすぐになれるでしょう。同時にバスの運転手も人出が足りていない状態となっているため、なりたい方はすぐに働き始められます。

プロのタクシードライバーについて

タクシーの運転手については人材こそ多いものの、見ての通り求人情報においては50歳や60歳のドライバーを募集しているケースも少なくありません、これもまた、ドライバーという職業が年齢や学歴などに左右されないという証拠でしょう。最後に、レーシングドライバーとして活躍したい場合ですが、こちらは実力主義の世界であるため、なかなか苦労をします。才能のある方や他の人に負けないぐらいの努力ができる方であれば、一人前としてやっていけるでしょう。

タクシーの運転手についてどうやったらなれるのか知りたいという方は、こちらのコラムで解説していますので参考にしてみることをおすすめします。
タクシー運転手になるには?必要なタクシーの資格を徹底解説!