カスタムメカニック

センスの高さも必要

カスタムメカニックという仕事は特殊技術が求められるのが特徴的です。
カスタムパーツを自動車やバイクに素早く取り付けるのが仕事であり、それによってお客さんの夢を叶えてあげます。
もちろんメンテナンスをしたり、事故車の破損部分を修理するという仕事も行います。

機能を拡張させるための仕事を専門としていて、車体構造やデザインに手を加えていきます。
世界で一つしかないようなレア物を完成させたり、あるいはメーカーで新車種の開発に携わることもあります。
このように活躍の場はさまざまであり、技術力だけではなくセンスの高さも要求されるのです。

車だけではなくて、部品についても深くて幅広い知識を要求されます。
また、溶接や機械加工、板金、塗装といった知識やスキルも身につけておく必要があります。
最新のトレンドをきちんと把握して、お客さんの願いを叶えるために作業をしなければいけません。

独創性を求められることもあり、大変な仕事なのですが、普通の整備士にはできないような仕事に関わることもあり、やりがいを感じられます。
カスタムメカニックとして仕事をしている人は少ないのですが、需要は高いため、高待遇で迎えられるでしょう。
実力本位の世界であり、常に自分のセンスを磨くための努力をすることが求められます。

必須な資格はないのですが、多くの方は自動車整備士の資格を取得しています。
また、最初は自動車整備士として仕事をしていたのが、途中で方向転換をしてカスタムメカニックになるケースもあります。

カスタムメカニックの仕事

カスタムメカニックの仕事は簡単なものではなく、体力も要求されるため大変です。
車が好きなことは絶対条件であり、休みが少なかったとしても仕事に打ち込むことができて、しかも楽しめるような方に向いています。
常に新しいことを学んでいく必要があるため、車に関する知識を得やすい環境にあります。

手先が器用な方は向いているのですが、不器用な方であっても仕事を繰り返していくうちにスキルを高めることは可能でしょう。
残業続きの生活になることも少なくないのですが、常に車と関わっていられる仕事です。
お客さんがどのようなカスタムを希望しているのかきちんと把握する必要があるため、コミュニケーション力は重要です。

正社員としてカスタムメカニックを雇ってくれる会社はたくさんあります。
気軽に別の会社や店舗に移ることもできて、自分の実力を高く評価してくれる職場はすぐに見つかるでしょう。
自動車やバイクを自分ごのみにカスタムしたいと考えている方はたくさんいて、また各メーカーにおいてはこれまでにない車を創りだそうとしているため、カスタムメカニックはこれからもたくさんの仕事を任されるでしょう。