自動車整備士

事故を起こさせないようにする役割

自動車に関わる大切な業務を行っている仕事として自動車整備士があります。
こちらは国家資格であり、法律に基づいて自動車の整備を毎日行っているのが主な仕事内容です。
自動車を正常な状態にして、ドライバーが安全に運転できて事故を起こさせないようにするのが役割となっています。

自動車というのはさまざまな法律が関わっているものなのですが、法的に認められた状態になるように自動車を整備することが自動車整備士には求められています。
自動車のメンテナンスの仕事はいろいろな種類に分けられているのですが、そのどれもが重要なものです。
こちらの資格を持っていないと自動車整備士の仕事に携わることはできないため、まずは資格取得を目指すことになります。

自動車整備士には一級から三級までの区分があり、さらには特殊整備士というものもあります。
基本的にはまず最初に3級の試験を合格することを目標として、そのあとに2級、さらに1級を目指していきます。
1級試験については合格率が3割程度とかなり低くなっており、難関資格となっています。

日本では自動車整備士の資格を持っている人がとても少ないという現状があるため、慢性的に人手不足に陥っています。
そのため、これから自動車整備士を目指すことによって、将来はとても安定しています。
常にどこかで自動車整備士が求められており、仕事に就けないという状況はないでしょう。

自動車整備士は年間の平均年収が400万円となっており、これはサラリーマンの平均年収とほぼ同じです。
そのため、普通のサラリーマンと変わらない程度の待遇を受けられて、しかも自動車に常に関わることができるため、恵まれた仕事といえるでしょう。
主な就職先としては、自動車ディーラーに勤めて、点検や整備、調整などの仕事をしている方が多いです。

仕事内容ややりがい

日本には約8,000万台もの自動車があるとされているのですが、これらが安全に走行できる状態にすることが自動車整備士の仕事となります。
整備や点検、部品交換、修理といった作業を行うエンジニアが自動車整備士なのです。
具体的には自動車のハンドルやタイヤ、エンジンなどの点検をして、問題のあるところは修理をして、自動車を正常な状態にします。

近年、自動車の構造はとても複雑なものとなっているため、最新技術をきちんと勉強して、現在の自動車に対応することが求められています。
高度な技術が求められており、車に関する技術は日進月歩で進んでいるため、自動車整備士は常に勉強を続ける必要があります。
自動車の好きな方には最高の環境であり、最新の自動車技術に常に触れられるのです。

自動車整備士というのは単に車の整備に関わるだけではなくて、その車の持ち主とのコミュニケーションも大切です。
どのような不具合があるのかをきちんと聞いて、その点について自動車と向き合うことが求められるのです。
お客さんから感謝されるときというのはとてもやりがいがあるものであり、多くの自動車整備士がこの仕事をして良かったと思えるようです。
自動車に関わる仕事をしたいと考えている方は自動車整備士の道を目指してみると良いでしょう。