カーチューナー

エンジンのチューニングが主

自動車を単に走る道具としか認識していない方だけではなく、本当に車を愛していてできるだけ快適な走りを実現したいと思っている方もいます。
そのような方からの要望に応える仕事をしているのがカーチューナーという仕事なのです。
自動車のいろいろな部分を加工することによって、その性能を最大限に引き出す役割を果たしています。

エンジンのチューニングが主な仕事であり、それ以外にもブレーキやサスペンションを調整したり、マフラーの交換といった仕事もしています。
これらによって総合的に自動車の性能を向上させることができて、車は見違えるほど走りやすくなるでしょう。
カーチューナーとして働くための専門の資格があるわけではなく、自動車整備士として働いている人の中でも、チューニングを専門としている人達のことをカーチューナーと呼びます。

そのため、カーチューナーを目指したいならばまずは自動車整備士の資格を取得しましょう。
資格を習得したならば、チューニングを専門としている工場や整備会社などに入りましょう。
独立して自分で工場を経営している方もいて、カーチューナーの需要は高いです。

最近はサーキットレースに出場する方が増えており、そちらに出場するためにチューニングをするという仕事もあります。
この場合は法律に関係なく作業を行うことができて、より高度な仕事に関わることができるでしょう。

チューニングの仕事

たとえば特定の車種に限定して豊富なチューニングメニューを揃えているお店があり、そちらで働いているカーチューナーがいます。
ポルシェ専門の自動車整備工場や、その他人気車種専門の整備工場が日本中にあるのです。
この場合は、単に自動車のチューニングができるだけでは不十分であり、該当する車種に関する幅広い知識を持っていて、その車種の性能を引き上げるためのチューニングを施せる技術も必要となるでしょう。

サーキット仕様のチューニングを行っている工場もあり、いろいろなニーズに対応しています。
車好きの方はそれぞれがこだわりを持っていることが多く、それぞれの理想を実現させるのがカーチューナーの役割となります。
フルチューンをしたり、特別なパーツの制作に対応しているお店もあります。

カーチューナーといっても、工場によって任せられる仕事の種類はかなり異なるのです。
いずれにしても、それぞれのお客さんの要望に応えることは共通しており、そのためきちんと希望を聞き出すためのコミュニケーション能力も必要とされます。
お客さんと車のことについて真剣に話し合い、どのようなチューニングを望んでいるのかを確かめるのです。
車が好きな方にとってはカーチューナーという仕事はとても楽しくて