自動車検査員

スペシャリストとして働く

自動車検査員とは国家資格であり、車検で点検整備が行われた車両が法律に適合しているかどうかを判断する仕事をします。
この自動車検査員を受験するためには、実務経験が必要とされるのが特徴です。
自動車検査員は自動車の検査を行ったり、その証明をしたり、検査結果を記載するといった重要な業務を任されています。

自動車検査員に期待されている使命は高く、社会的地位も高い存在です。
民間の自動車整備工場で実際に車検ができる人は自動車検査員のみとなっています。
そのため、車検の業務をするためには自動車検査員を雇う必要があり、そのため需要は高いです。

自動車検査員になるためには教習を受講して、さらに試験に合格しなければいけません。
いわゆる業務独占資格となっており、これ以外の資格を有する人が自動車検査員の業務を行うことはできません。
そのため、自動車検査員はスペシャリストとして仕事をすることになり、大きな責任を背負うことになります。

自動車というのは定期的に車検を受けて、車両に異常が存在しているかどうかを確認しなければいけません。
万が一、車両に異常があれば、それが事故の原因となって大惨事に発展する可能性もあります。
そのような悲劇的な状況が起きないようにするためにも、自動車検査員の存在はとても重要なのです。

自動車検査員という仕事

自動車検査員は学歴不問で採用されるケースが多いため、高卒の方でも活躍しています。
拘束時間の長い仕事ではないため、比較的プライベートを充実させられるのが特徴となっています。
自動車整備工場で活躍しているのが自動車検査員であり、職場によって環境はかなり異なっています。

個人のお客さんを主に相手にしている工場もあれば、中には法人向けの工場もあります。
景気に左右されず常に需要が存在しているのが特徴であり、簡単に仕事を見つけられるでしょう。
車検が終了した車を細かくチェックしていき、点検後は適合証にサインをします。

実際にオイルやタイヤを交換したり、定期点検をするなどの自動車整備の仕事をすることもあります。
一日の中でたくさんの車両をチェックすることになり、きちんと仕事を行うことが求められます。
仕事の手を抜いてしまうと、車に不都合が残ったままでお客さんに渡してしまうことがあるため、気をつけなければいけません。

自動車検査員の年収相場としては、だいたい400万円から500万円程度の方が多いです。
常に勉強を続ける必要があり、最新技術もきちんと理解していることが求められます。
本当に車が好きだという方にとっては、とても素晴らしい環境となっています。